安心・安全な賃貸借契約での重要事項説明の受け方

東広島の賃貸アパート・賃貸マンションならセンチュリー21アミックスにお任せください。

0120-883-058

営業時間9:30~18:00 定休日水曜日・祝日

IT重要事項説明(IT重説)とは

ケイン

センチュリー21アミックスでは県外からの多くのお客様に好評いただいておりますIT重要事項説明を実施しております。遠方の方で店舗へお越しいただく事が困難な場合でもご対応できます。スーマートホンやPC等でメールの送受信が可能であれば可能です。

東広島市ご紹介物件全てに対応できます。

遠方の方に大好評!!

IT重要事項説明の画像

ご自宅でスマートホンがあればOKです。

パソコンでももちろんOKです。

IMG_4872
会社で重要事項説明を受ける

不動産賃貸借契約においては重要事項説明を受けることは大変重要です。

センチュリー21アミックスでは、お客様がどこにいても重要事項説明が可能とする体制作りを整えております。

実際、多くのお客様から契約内容が丁寧で分かりやすかったというお声をいただいております。

お客様の安心で安全を大切にするセンチュリー21アミックスの基本理念をこれからも維持していきます。

IT重要説明活用

  • STEP1
    お住まいになられるお部屋を決定。
  • STEP2
    申込に必要な書類を弊社へ請求。
  • STEP3
    申込書等の必要書類を提出(メール添付またはFAX可)
  • STEP4
    ご入居に際しての審査。
  • STEP5
    重要事項説明書・契約書・計算書等がご指定の場所へ届きます。
  • STEP6
    ご都合の良い日時を指定し、重要事項の説明を受ける。
  • STEP7
    契約内容を確認し、必要書類(重要事項説明書・契約書等)の返送。
  • STEP8
    ご契約書類の完了
東広島TOPクラスを誇るリビングの広さをぜひご覧くださいませ♪

以下は、国土交通省HPから一部分を抜粋しています。

ITを活用した重要事項説明(IT重説)の概要

IT重説とは、テレビ会議等のITを活用して行う重要事項説明を言います。IT重説では、パソコンやテレビ、タブレット等の端末の画像を利用して、対面と同様に説明を受け、あるいは質問を行える環境が必要となります。

国土交通省における宅建業法の解釈及び運用の考え方を示している、「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」(平成13年1月6日国総動発第3号 平成29年8月改定、以下「不動産業課長通知」という。)では、IT重説を対面による宅建業法第35条の重要事項説明と同様に取り扱うものとしています。

この不動産業課長通知では、対面の重要事項説明と同様とみなすための4つの要件を定めています。

(1)宅地建物取引士及び重要事項の説明を受けようとする者が、図面等の書類及び説明の内容について十分理解できる程度に映像を視認でき、かつ、双方が発する音声を十分に聞き取ることができるとともに、双方向でやりとりできる環境において実施していること。

(2)宅地建物取引士により記名押印された重要事項説明書及び添付書類を、重要事項の説明を受けようとする者にあらかじめ送付していること。

(3)重要事項の説明を受けようとする者が、重要事項説明書及び添付書類を確認しながら説明を受けることができる状態にあること並びに映像及び音声の状況について、宅地建物取引士が重要事項の説明を開始する前に確認していること。

(4)宅地建物取引士が、宅地建物取引士証を提示し、重要事項の説明を受けようとするものが、当該宅地建物取引士証を画面上で視認できたことを確認していること。

まずはお部屋を探してみましょう!下記クリック